メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

携帯参入予定の楽天・三木谷会長「非常に安全」 通信障害ソフトバンクとの違い強調

楽天の三木谷浩史会長兼社長=手塚耕一郎撮影

 2019年に携帯電話事業へ参入予定の楽天は7日、東京都内で第1号基地局の設置を開始し、安全祈願祭を開いた。三木谷浩史会長兼社長は集まった報道陣に対し、「ネットワーク構造が従来と違っており、非常に安全なものになる」と述べ、6日に大規模な通信障害を起こしたソフトバンクとの違いを強調した。

     三木谷氏は、「携帯電話はライフラインになってきている」と指摘。「我々は従来とは違う非常に安定したネットワークを自動的に提供できる」として、通信障害のリスクは「より低い」と話した。また、「我々の技術力で革新的な新しいプラットフォームを作り、携帯業界に価格だけではなく技術的にも新風を巻きおこしたい」と意気込みを示した。【今村茜】

    おすすめ記事

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. ペイペイ不正利用 愛知県警が全国初摘発 PCなど詐取 容疑で栃木の男逮捕
    2. 歌手の田口淳之介容疑者と女優の小嶺麗奈容疑者を逮捕 自宅で大麻所持の疑い
    3. サラリーマン川柳 サラリーマン川柳、今年の1位発表 「五時過ぎた カモンベイビー USAばらし」
    4. 高校担任が女子生徒とキス 6年後にシール見つかり発覚 停職3カ月 新潟県教委
    5. 福井放送の87歳元社長逮捕 帰宅途中にひき逃げ容疑「物を踏んだと思った」

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです