メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

日産検査不正、経営責任の追及必至 社長説明なく

完成検査における不正について記者会見する日産自動車の本田聖二常務執行役員(右)と平田禎治常務執行役員=横浜市西区の同グローバル本社で2018年12月7日午後6時21分、根岸基弘撮影

 前会長のカルロス・ゴーン容疑者(64)逮捕で揺れる日産自動車は7日、新車の完成検査を巡る新たな不正事案を公表した。検査不正の発覚は4度目で、生産効率やコスト削減を優先し、品質管理を軽視する企業風土があらためて浮き彫りとなった。自ら説明責任を果たそうとしない西川(さいかわ)広人社長ら経営陣の責任も厳しく問われそうだ。

 「法令順守の徹底を重要な経営課題として捉え、コンプライアンス意識の醸成・徹底を図っていく決意だ」。…

この記事は有料記事です。

残り1006文字(全文1215文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 副町長が車庫入れで頭ぶつけ死亡 福井・若狭
  2. 米子東の選手がベンチ入りせず
  3. 札幌大谷が甲子園初勝利 米子東を1点に抑える
  4. 「白血病に勝つ…」池江選手の応援凧 滋賀の阿賀神社
  5. 前夕張市長の鈴木氏が先行、元衆院議員の石川氏が追う 北海道知事選・毎日新聞電話調査

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです