メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

中国の習近平主席、米朝対話の進展促す 北朝鮮外相と会談

中国の習近平国家主席=AP

 【北京・浦松丈二】中国の習近平国家主席は7日、北京を訪れている北朝鮮の李容浩(リ・ヨンホ)外相と会談した。新華社通信によると、習氏は「朝米双方が互いに歩み寄り、互いの合理的な関心事に配慮を示して、朝鮮半島の平和的な対話プロセスを進展させてほしい」と米朝対話の進展を促した。

     習氏はまた、来年が中朝国交樹立70周年であることから「中朝関係を長期的に健全かつ安定的に発展させていきたい」と要望した。習氏自身の訪朝や来年1月、2月にも想定される米朝首脳会談については触れていない。これに対し、李氏は「中国側と密接な意思疎通と調整を維持していきたい」と応じた。

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 西川貴教 登美丘高校「HOT LIMIT」動画に喜びも「もっと早かったら…」とボヤキ
    2. 札幌の爆発、不動産店で「消臭スプレー100缶ガス抜き」 現場検証始まる
    3. 寝屋川中1殺害 母親証人尋問「天真らんまんな優しい子」
    4. ことば 寝屋川中1男女殺害事件
    5. ORICON NEWS 写真にしか見えない“鉛筆画” 作者が語る魅力「複製できない、消しゴムで消せる儚さ」

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです