メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

タイ総選挙は国王の戴冠式前に プラユット暫定首相

 【バンコク西脇真一】タイ軍事政権は7日、政党関係者らを集め民政移管に向けた総選挙に関する会議を開き、プラユット暫定首相は総選挙をワチラロンコン国王の戴冠式前に実施すると述べた。これまでは戴冠式後だとしていた。

     軍政は投票日として来年2月24日~5月5日までの間の四つの候補日を示していたが、戴冠式の日程次第でずれ込む可能性があった。会議では「2月24日」を投票日とする日程が示され、政党による政治活動も近く全面解禁されるという。

    おすすめ記事

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 準強姦無罪判決のなぜ その経緯と理由は?
    2. デサント 社内融和、ブランドイメージ立て直し急務
    3. 質問なるほドリ TOBなぜするの? 市場外で株式買い増し 経営見直し迫る=回答・釣田祐喜
    4. 準強姦で起訴の男性会社役員に無罪判決 地裁久留米支部
    5. デサント TOB「反対」1000人超署名 従業員の約3割

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです