メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

米軍機事故 自衛隊救助の乗員2人のうち1人の死亡を確認

 6日午前1時40分ごろ、高知県・室戸岬の南南東約100キロの上空で、米海兵隊岩国基地(山口県岩国市)所属のFA18戦闘攻撃機とKC130空中給油機が訓練中に接触し、海上に墜落した。乗員2人が自衛隊に救助されたが、米軍によるとこのうち1人の死亡が確認された。残る5人の行方が分かっておらず、米軍や自衛隊、海上保安庁が捜索を続けている。岩国基地のFA18は先月も那覇市沖で墜落しており、地元自治体からは安全管理の徹底を求める声が上がっている。

     防衛省は6日、在日米軍に安全への配慮や情報提供を改めて申し入れた。岩屋毅防衛相は記者団に「事故は遺憾だと思っているが、まずは捜索、救助に全力を挙げる。事故の詳細が分かれば適切に対応したい」と述べた。

     米海兵隊や防衛省によると、墜落した2機は夜間の空中給油訓練などを行うために岩国基地を離陸した。空中給油はKC130の主翼から伸ばしたホースをFA18の給油口に接続して行われるといい、事故当時も給油のために接近していた可能性がある。海兵隊は原因を「調査中」とするが、パイロット経験のある自衛官は「夜間はお互いの機体が見えづらく、距離感をつかむのが難しい」と話す。

     FA18には2人、KC130には5人が搭乗していた。発見された2人のうち死亡した1人はFA18から緊急脱出した可能性がある。同機の乗員だったもう1人は命に別条はない。

     岩国基地のFA18を巡っては、先月12日に米海軍の機体がエンジントラブルにより那覇市の沖合で墜落し、山口県や岩国市が国や米軍に再発防止を求めていた。2016年12月にも海兵隊のFA18が高知県沖で墜落している。今年6月には嘉手納基地所属のF15戦闘機が那覇市沖で墜落する事故も起こるなど、在日米軍の戦闘機を巡るトラブルが相次いでいる。【前谷宏】

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. ペイペイ、「100億円あげちゃうキャンペーン」を13日で終了
    2. 客や取引先から過剰なクレーム…広がる「カスタマーハラスメント」
    3. 富田林署逃走その夜、留置場の当番警官「スマホでアダルト番組も見てた」
    4. QRコード決済 ソフトバンク系ペイペイ、「奪首」へ100億円還元 競争激化
    5. はやぶさ2 リュウグウの新画像公開 小型探査ロボが撮影

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです