メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

大阪市の指定暴力団幹部宅で拳銃4丁と覚醒剤約1.5キロを押収

 大阪市平野区の指定暴力団東組系幹部の自宅から、拳銃4丁と覚醒剤約1.5キロが押収されていたことが、捜査関係者への取材で明らかになった。幹部は逃走しており、大阪府警が銃刀法違反と覚せい剤取締法違反の疑いで行方を追っている。

 捜査関係者によると、近畿厚生局麻薬取締部が5日、幹部の自宅を家宅捜索して見つけた。同取締部の通報で駆け付けた府警が拳銃などを発見して押収し、殺傷能力の有無などを調べている。

 現場は平野区の住宅街。住民らによると、5日午後5時ごろ、近くで「ドーン」という音がした後、男が現場から走って逃げたという。

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS 南海キャンディーズが衝撃のコンビ不仲を初告白 『しくじり先生』復活
  2. 東名事故誘発 あおり公判 「パトカーにも幅寄せ」検察指摘
  3. 「やめて」と制止も被告止まらず 同乗の女性証言 東名あおり事故公判
  4. 東名あおり、石橋被告に懲役18年 危険運転致死傷罪を認める
  5. 東名あおり事故初公判 死亡夫婦の次女の供述「パパとママが死んでしまいました」

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです