メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

冬季死亡増加率、全国ワーストは栃木 慶応大分析

 栃木県では1カ月当たりの死者数が冬に入ると春~秋の1.25倍になり、全国最悪の死亡増加率となっていることが慶応大の伊香賀俊治教授(建築環境工学)らの分析で明らかになった。伊香賀教授は、二重サッシなどによる住宅の断熱が遅れている影響を指摘。「我慢せず、適切に暖房を使うことが第一」と呼び掛けている。【林田七恵】

 冬は寒さで血圧が上がりやすく、全国的に死亡者が増える。そこで伊香賀教授らの国土交通省調査班は、20…

この記事は有料記事です。

残り807文字(全文1012文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. いじめを半年以上放置 広島・呉の中3下着脱がされ精神疾患
  2. 準強姦無罪判決のなぜ その経緯と理由は?
  3. 広陵が2回戦進出 河野が3安打完封で八戸学院光星降す
  4. 「亡き友よ 次は甲子園の優勝メダル届けるよ」筑陽学園・西舘投手
  5. 高2自殺の背景に教員らの「いじめ」があった 遺族は強い憤り

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです