メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

世界初メガマウス全身骨格 7日から一般公開 千葉の水族館

お披露目されたメガマウスの骨格標本と仲谷名誉教授=鴨川シーワールドで6日、中島章隆撮影

 昨年5月、千葉県館山市沖で見つかった「幻のサメ」と呼ばれる「メガマウス」の全身骨格標本の作製に国内の研究者と企業が世界で初めて成功し、同県鴨川市の水族館、鴨川シーワールドで6日、報道陣に披露された。7日から同館で一般公開される。

 メガマウスは最大で体長7メートルに及ぶ希少な大型サメで、捕獲記録は世界で135例、国内では23例しかない。メガマウスの骨は水分を多く含んだ軟骨でできているため、標本に残すことが難しいとされていた。

 今回標本にされた個体は昨年5月、館山・洲崎沖の定置網で見つかった。保護される前に死んだが、冷凍保存…

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. いじめを半年以上放置 広島・呉の中3下着脱がされ精神疾患
  2. 準強姦無罪判決のなぜ その経緯と理由は?
  3. 「亡き友よ 次は甲子園の優勝メダル届けるよ」筑陽学園・西舘投手
  4. 高2自殺の背景に教員らの「いじめ」があった 遺族は強い憤り
  5. 「学びに年齢は関係ない」62歳男性が経済学部代表 京大卒業式 4月からは大学院生

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです