メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

「アリーテ姫の冒険」絶版から復刊 賢いお姫様が主人公 89年のベストセラー

復刊に携わった植野さん(左)と男女共同参画センター横浜の菊池朋子館長。壁に掛かっているのは布絵本の1枚=横浜市で

 自分の力で人生を切り開いていく“賢い”お姫様を主人公にした児童文学「アリーテ姫の冒険」が復刊された。1989年に出版され、フェミニズムに通じるストーリーが話題になったが、その後絶版に。復刊本は公益財団法人「横浜市男女共同参画推進協会」が監訳し、復刊に携わった女性スタッフは「性別にとらわれず将来を切り開いていこうと励まされる本」と話している。

 アリーテ姫の冒険は83年に英国で出版された。自分の命を狙う魔法使いのボックスと結婚させられたアリーテ姫が、ボックスから出された三つの難題を、知恵を働かせて解決していくストーリーだ。

この記事は有料記事です。

残り786文字(全文1049文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ナイトクラブや風俗業、休業補償の対象外 厚労省「公金助成ふさわしくない」に批判

  2. 石川の路線バス男性運転手が感染 金沢や野々市で3日に403便運休へ

  3. ファクトチェック マスクは首相の地元・山口県の企業が受注? 「全世帯配布」で駆け巡ったツイート

  4. 「かっこよかった」「生き方教わった」最高齢ライオン・ナイル 死の前々日まで咆哮 京都市動物園

  5. 「6月に消費税0%」で令和の恐慌を防ぐ

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです