東京医大 女子5人不合格に 不正前順位で届かず

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
東京医科大=手塚耕一郎撮影
東京医科大=手塚耕一郎撮影

 東京医科大(東京都)の不正入試問題で、東京医大は7日、昨年と今年の医学部医学科入試の不正な得点操作で不合格となった女子や多浪の男子受験生について、入学を希望した49人のうち女子5人を改めて不合格にしたと発表した。両年の受験に合格した在校生と、不合格になった入学希望者の得点を操作前の状態に並び替え、44人は合格とし、来春の入学を認めた。

 東京医大は問題発覚を受け、11月までに昨年と今年の入試について得点操作しなかった場合の受験生の点数を復元。最低合格点を上回っているのに不合格とされた受験生が2年で計101人いるとして、追加合格の対象とした。78人に連絡がつき、入学を希望した49人について改めて審査し、44人を合格とした。女子5人は今年の一般入試で不合格になっていた。

この記事は有料記事です。

残り535文字(全文872文字)

あわせて読みたい

注目の特集