メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

「共生社会」歓迎と戸惑い交錯 入管法成立へ

工業部品の塗装前に品質をチェックするペルー人社員=群馬県大泉町吉田で2018年12月4日午後1時7分、杉直樹撮影

 外国人労働者の受け入れを拡大する入管法改正案が成立する見通しとなり、海外からの新たな働き手に門戸が開かれる。受け入れる自治体や地域にとっては「共生社会」のさらなる加速につながり、新たな取り組みを求められることにもなる。外国人が多く住む集住都市などでは、歓迎と戸惑いが交錯した。

群馬県大泉町

 外国人比率が全国トップクラスの群馬県大泉町。「人手不足は事実で外国人が来てくれると助かる」と語るのは金属塗装業「共進工業」の平田幸宏常務だ。現在、ペルー人ら外国人社員6人が働く。約10年前から若い働き手が集まらない状況が続き、外国人社員も能力に応じて昇進させるなど、日本人と同等の処遇を心がけてきた。

 ただ、改正法案には日本語教育など生活面での支援の具体策が盛り込まれていないことに不満が残る。「でき…

この記事は有料記事です。

残り1588文字(全文1934文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ナイトスクープ、西田敏行さん降板へ 2代目局長18年

  2. 池袋暴走、時速90キロ超 19日で半年 元院長、書類送検へ 自動車運転処罰法違反容疑

  3. 中央線が再開 喜ぶ山梨県民 中央道も昼に開通

  4. 「ナイトスクープおもんない!」 元探偵・小枝が批判 “現役”真栄田「番組に依頼しては」(スポニチ)

  5. 政治家個人への献金「仮想通貨は規制対象外」 政府答弁書

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです