メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

横尾忠則展、1月開催 美術館職員遅刻で仕切り直し

 兵庫県西脇市の同市岡之山美術館が企画した美術家、横尾忠則さん(82)の特別展が、当初予定の9月から大幅にずれ、来年1月に開催されることになった。展示する作品の制作日に材料を持参する役割の美術館職員が遅刻したため、横尾さんが立腹したのが原因。その後、横尾さん側と美術館側が話し合い、年明けに仕切り直すことになった。

 横尾さんは西脇市出身。特別展は当初9月28日からの予定で、過去と現在と未来への思いを基に手掛けた新…

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 準強姦無罪判決のなぜ その経緯と理由は?
  2. デサント 社内融和、ブランドイメージ立て直し急務
  3. 質問なるほドリ TOBなぜするの? 市場外で株式買い増し 経営見直し迫る=回答・釣田祐喜
  4. 準強姦で起訴の男性会社役員に無罪判決 地裁久留米支部
  5. デサント TOB「反対」1000人超署名 従業員の約3割

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです