ブタ体内でヒト膵臓作製 東大チーム申請へ

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
動物性集合胚でヒトの膵臓をつくるしくみ
動物性集合胚でヒトの膵臓をつくるしくみ

 ブタの体内でヒトの膵臓(すいぞう)を作る研究計画を学内の倫理委員会に申請する方針を、東京大医科学研究所の中内啓光(ひろみつ)特任教授が毎日新聞の取材に明らかにした。動物の体内でヒトの臓器を作る研究が、国の指針で来春にも解禁されることを踏まえ、直後に申請するという。東大と国で計画が承認されれば国内初の実施例となる。

 中内氏によると、計画では膵臓ができないよう遺伝子改変したブタの胚(受精卵)に、さまざまな細胞に変化できるヒトの人工多能性幹細胞(iPS細胞)を注入し、「動物性集合胚」を作る。その胚を母ブタの子宮に入れ、妊娠させる。

この記事は有料記事です。

残り530文字(全文796文字)

あわせて読みたい

ニュース特集