メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

プラスチック危機

考える 運河で「ごみ釣り」

アムステルダムの運河でごみ釣りツアーに参加する人たち。船尾に立つのはガイドのデ・ボートさん=アムステルダムで11月6日、八田浩輔撮影

 オランダのアムステルダムの運河(うんが)で、ごみ釣(つ)りツアーを運営(うんえい)する会社(かいしゃ)があります。目指(めざ)すのは世界(せかい)の水路(すいろ)からプラスチックごみが無(な)くなる日(ひ)です。一緒(いっしょ)にボートに乗(の)ってごみ釣(つ)りをしてみました。【八田浩輔(はったこうすけ)、写真(しゃしん)も】

 魚取(さかなと)りの網(あみ)を持(も)った8人(にん)を乗(の)せたボートはアムステルダムの中央…

この記事は有料記事です。

残り1487文字(全文1703文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 準強姦無罪判決のなぜ その経緯と理由は?
  2. デサント 社内融和、ブランドイメージ立て直し急務
  3. 質問なるほドリ TOBなぜするの? 市場外で株式買い増し 経営見直し迫る=回答・釣田祐喜
  4. 準強姦で起訴の男性会社役員に無罪判決 地裁久留米支部
  5. デサント TOB「反対」1000人超署名 従業員の約3割

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです