メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

W杯サッカー20年の証言

 「生まれ変わったら、どのポジションを?」と聞かれ、間髪を入れず「もう一度、ゴールキーパー」と答えた。11月14日、相模原市内で引退会見したサッカー元日本代表GK、川口能活(43)だ。

 静岡・清水商(現・清水桜が丘高)時代に全国高校選手権で優勝、1996年アトランタ五輪ではブラジルを破る「マイアミの奇跡」の立役者となった。W杯には日本が初出場した98年フランス大会から4大会連続日本代表入りした。現役最後は自前のクラブハウスを持たないJ3のSC相模原で迎えた。

 年齢相応に「渋み」を増したが、精悍さを失っていないヨシカツの会見の模様をテレビで見ているうち、記憶…

この記事は有料記事です。

残り949文字(全文1242文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 新潟駅前ビルで刺された20代女性死亡 3人組の男が待ち伏せの情報も

  2. 新潟駅前ビルで20代女性刺され死亡 男逃走

  3. 前夜祭「会費5000円」で安倍首相反論 官邸幹部も「唐揚げ増やすなどやり方ある」

  4. 新潟県警機動隊員を逮捕 SNSで迷惑行為の疑い

  5. 「立花氏が暴行との表現、誤っているとは言えない」東京地裁が賠償請求棄却

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです