メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

毎日フォーラム・課長補佐時代

内閣府男女共同参画局長 池永肇恵(57)

池永肇恵氏

大きな方針に関わり現場を楽しむ

 私の課長補佐時代は、経済企画庁調査局内国調査第一課の次席補佐から始まりました。同課は経済白書や月例経済報告を手がける憧れの部署でした。経済白書は補佐が執筆し、課長が全体を統括します。尊敬する官庁エコノミストの課長から指導を受けながら、担当者と一緒に分析を重ねました。想定した結果が出ずにガッカリしたり、試行錯誤の連続でした。他省庁から出向してきた、同年次の男性のツワモノの係長に、しばしばやり込められたことは今でもよく覚えています。

 次の国民生活局消費者行政第一課では、うって変わって法律やルールの世界です。最初は言葉が分からなくて苦労しましたが、少しずつ分かってくるとパズルをはめるような楽しさがありました。当時は、消費者契約法の検討が始まった頃で、こうした法律が日本でできるのか確信が持てませんでしたが、後の方々のご尽力で法律が成立したことを知った時には、当時の仕事が時代の要請にかなっていたとうれしく感じました。また、OECD…

この記事は有料記事です。

残り439文字(全文871文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 社会から「消された存在」だった 18年軟禁された女性、自立探る今

  2. #排除する政治~学術会議問題を考える 「まるでモラハラのよう」 矛盾だらけの「改革」論議 名大・隠岐さや香教授

  3. 福岡市が介護・医療従事者に無料PCR検査 拡大防止狙い 年度中1人3回まで

  4. “炭治郎の師匠”が交通安全呼び掛け 岡山西署 鬼滅声優・大塚芳忠さんが協力

  5. 愛子さま、19歳に 今春に大学進学 オンライン授業、課題などで忙しく

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです