メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

義本博司氏

文科省の義本高等教育局長は洛南卒

 京都府の2回目は文部科学省や経済産業省、外務省、総務省、環境省、警察庁、会計検査院の出身者を紹介する。

 文科省では、高等教育局長の要職を務める義本博司氏(京大法、ロチェスター大院経84年文部省、写真)が私立洛南高を卒業している。京都市で生まれ、城陽市で育ったという。「昔は男子校で3年間同じクラスだった。高野山で合宿した」などと話す。洛南は空海が創設した国内最古の私立学校「綜藝種智院」に由来をさかのぼるとされる。洛南の卒業生には俳優の佐々木蔵之介氏や体操の元日本代表の冨田洋之・順天堂大スポーツ健康科学部スポーツ科学科准教授らがいる。

 経産省では、内閣府政策統括官の山本哲也氏(早大院理工84年通産省)が私立同志社高を出ている。京都市…

この記事は有料記事です。

残り1111文字(全文1446文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 上皇后さま体調不良続く 精神的なストレスが原因と宮内庁

  2. 脇につるす拳銃ホルスター型かばん 目の不自由な男性発案、刑事ドラマをヒントに

  3. JR茨木駅で男性転落、右足一部切断の重傷 約3万人に影響

  4. 希望者は桜を見る会出席 前日に地方議員研修会 昨年4月「私物化」浮き彫りに

  5. 農業後継者、高専、120年超す伝統校…センバツ21世紀枠 9候補はこんな学校

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです