メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

毎日フォーラム・食×農×福

青森県南部町 「里山主義」への挑戦

左から藻谷浩介氏、工藤祐直南部町長、筆者、熊原保・優輝福祉会理事長、湖東正美・サポートセンター虹理事長

 青森県南部町は、江戸期の南部藩の発祥の地であり、南西部には標高615メートルの名久井岳を望み、馬渕川を巡る田園風景が広がる豊かな自然がある里山だ。豊かな農産物の実りがあり人と自然の調和する風土に恵まれている。しかも、八戸市に隣接し交通の便も良い。人口は約1万8000人。

 町に特定非営利活動法人「青森南部の達者村」(沼畑俊吉理事長)があり、豊かな自然と新鮮な農産物、達者に暮らすことを目指し、地元の人や自然、文化などを生かして訪れる人たちとの交流を通して「日本一おもしろい村」を目指している。

 また、町の自治体では唯一の南部町営地方卸売市場がある。小規模な町の特徴を生かした市場となっている。…

この記事は有料記事です。

残り817文字(全文1114文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS 15歳美少女4人組「@ onefive」“正体”判明 顔見せビジュアル&MV一斉公開

  2. 平成の事件ジャーナリズム史 (2)綾瀬女子高生コンクリート詰め殺人事件 メディアと被害者との溝、一挙に可視化

  3. 福岡・天神ビブレが来年2月閉店 「天神コア」「福岡ビル」合わせ再開発

  4. 「こんなこと想像も」停電、断水のタワマン疲れ果て 武蔵小杉ルポ

  5. キャバクラ暴行死 10代母、なぜこんな目に 全公判傍聴

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです