メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

「全国西郷1(せごワン)グランプリ」の鹿児島決勝大会=2018年11月18日

昨年度の農林水産物輸出が過去最高の201億円

 鹿児島県の農林水産物の輸出額が昨年度、過去最高の約201億円となった。前年度比30%増という急増ぶりで、今年3月には2025年度の輸出額を300億円にする「農林水産物輸出促進ビジョン」を策定し、輸出の拡大に取り組んでいる。

 急増した背景には、世界的な和食ブームなどがある。昨年の「第11回全国和牛能力共進会」で総合優勝し日本一となった鹿児島黒牛や養殖ブリなどの輸出が伸びているという。内訳は畜産物約101億円、水産物約77億円、林産物約18億円、農産物約4億円などとなっており、主な輸出品目には牛肉や養殖ブリのほか丸太、お茶などがある。

 県の取り組みも活発で、今年1月にはフランス・パリの高級レストランに三反園訓知事が出かけ、県産品のト…

この記事は有料記事です。

残り1734文字(全文2075文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. コストコに車突っ込み貴金属盗まれる 北九州

  2. 青森・八戸で女子児童が男に首切られる

  3. 「桜を見る会」参加の山口県議ら、ブログ削除相次ぐ

  4. 富士登山の動画配信中に滑落か 警察の捜索難航

  5. 池袋暴走原因断定 ブレーキとアクセルの踏み間違え 警視庁

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです