メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

毎日フォーラム・パラスポーツ

桜井誠一(身体障がい者水泳)

日本身体障がい者水泳連盟でスタッフと打ち合わせる桜井誠一常務理事(左)=東京都港区の日本財団パラリンピックサポートセンターで2018年11月13日

共生社会へ価値共有の仲間を増やす

 新聞記者が「事件持ち」と呼ぶタイプだ。日本身体障がい者水泳連盟(JPSF)常務理事の桜井誠一(68)は、神戸市の広報課長だった1995年1月17日に阪神大震災が発生。保健福祉局長を務めた2009年5月には、新型インフルエンザが同市で国内初確認された。パラリンピックでは、大震災の翌96年のアトランタ大会。桜井監督率いる日本代表水泳チームは、河合純一(43)=同連盟会長=や、成田真由美(48)=横浜サクラ=らの活躍で金5、銀3、銅4の計12個のメダルを獲得した。直前の五輪は日本競泳陣のメダルがゼロで、パラでの大活躍を驚いて報じたメディアもあった。

 神戸市出身。育った同市西部の垂水区の海でよく泳いだ。兵庫県立神戸商高で水泳部に入り、近畿大会に出場…

この記事は有料記事です。

残り1088文字(全文1429文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 電車とホームドアの間に巻き込まれ医師死亡 稼働前で線路側に入れる状態 京急・上大岡駅

  2. 余録 鉄道会社が列車の5分遅れを「おわび」し…

  3. 小学生バレーボール体罰 一部の保護者、口止め誓約書を配布 「情報漏らした」と正座させ詰問も

  4. 電車の英語アナウンス、実はあの人…NHK「英語であそぼ」出演

  5. 平手打ちや蹴り 小学女子バレー監督が体罰か 日小連が再調査指示 大分

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです