メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

プレスリリース

『2019年春休み短期留学プログラム@UTAR大学参加者募集』(@Press)

情報提供:@Press

プレスリリースページの情報について

現地中高一貫校訪問時のワークショップ

株式会社国際開発センター「IDCJ」(本社:東京都港区、代表取締役社長:寺田 幸弘、以下 IDCJ)は、グローバル人材育成プログラムの一つとして、アジア有数の英語大国マレーシアの名門私立大学UTAR大学と共同で中高生対象の短期留学プログラムを実施いたします。

<IDCJ春休み短期留学プログラム 詳細URL>
https://bit.ly/2y8oGh2

画像1: https://www.atpress.ne.jp/releases/172698/LL_img_172698_1.jpg
現地中高一貫校訪問時のワークショップ

■ポイント(1) ~世界にたった一つのプログラム!‘英語+異文化体験’~
単なる「海外体験」や「語学留学」ではありません。グローバル人材育成プログラムの一つとして企画実施するもので、旅行社のツアーや語学学校の短期プログラムでは体験できない特別なプログラムです。
ツアーの企画、運営を担当するIDCJのコンサルタントは約20年子供向けの教育機関で英会話クラスの指導、カリキュラム開発、英語イベント、英語ツアーの企画をしてきた経験を有しており、子供達に「知らないことを知る喜び」「英語によるコミュニケーションの楽しさ」「もっと学びたいと思える刺激」を与えられるプログラムを毎回参加者の特性に合わせて工夫しながら企画を練っております。
渡航前には事前オリエンテーションを行い、そこで留学の目標を一人一人に設定してもらい、帰国時までその目標を忘れることなく毎日「振り返り」を行いながら自己成長を促します。
これまでの参加者全員から「また参加したい!」という評価をいただいております。既にリピーターとして連続で参加されている生徒の方もいらっしゃいます。
詳しくは、ツアーレポートをご覧ください。 http://bit.ly/2PXljAL


■ポイント(2) ~中高生でも、海外の大学生活を体験できます~
マレーシアの名門、UTAR大学の広大なキャンパスで英語レッスンを受けます。
本プログラムのためだけに準備された様々なアクティビィティ(異文化体験、現地校訪問、ビーチツアー、現地学生との交流など)を通し、教室で学んだ英語をすぐに活用する機会があります。大学生や職員、町の人たちと英語で会話することにより更なる自信となります。また、多民族、多宗教、多文化の国マレーシアでの体験から、今後ますます必要とされるグローバルな視点が得られます。
宿泊先はUTAR大学の学生寮コンドミニアムなどで、中高生でも海外留学生活を擬似体験することができます。全行程に、IDCJ留学コンサルタントが同行します。

【開催概要】
名称 :IDCJグローバル人材育成プログラム 春休み短期留学@UTAR大学
旅程 :2019年3月24日(日)~4月2日(火) 8泊10日
対象 :中高生 ※参加希望の小学5・6年生の方はお問い合わせ下さい。
費用 :289,000円(税込)
留学先 :マレーシア UTAR大学
発着 :成田空港
申込締切:2019年1月末

<お問い合わせ>
株式会社国際開発センター マレーシア留学プログラム
TEL: 03-5796-0750
URL: https://idcj-ryugaku.com/contact/


■株式会社国際開発センター(IDCJ)について
2010年に一般財団法人国際開発センター(1971年設立の日本初の開発、国際協力分野専門の総合的なシンクタンク)から事業を引き継ぎ、国際協力ならびに社会経済開発分野の課題に対応するコンサルティングサービスと人材育成を軸として事業を展開しています。

【会社概要】
名称 : 株式会社国際開発センター
International Development Center of Japan Incorporated(IDCJ)
代表者: 代表取締役社長 寺田 幸弘
所在地: 〒108-0075 東京都港区港南1-6-41 品川クリスタルスクエア12階
設立 : 2010年12月6日
資本金: 80,000,000円
Web : http://idcj.co.jp/index.php


詳細はこちら


現地中高一貫校訪問時のワークショップ

UTAR大学の学生との交流

修了式

情報提供:@Press

プレスリリースページの情報について

おすすめ記事

広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 即位の礼 来日中のドゥテルテ大統領、饗宴の儀欠席 バイク事故で痛み、前倒し帰国へ

  2. 即位の礼 饗宴の儀、華やかに 皇后陛下ロングドレス 出席者も鮮やか民族衣装で

  3. 即位の礼 小ダイ姿焼き、フカヒレ茶わん蒸し、加薬飯、イセエビ吸い物…饗宴の儀、秋づくしの和食で

  4. 共産党「現行憲法に抵触」即位礼など欠席 他の主要政党は祝意

  5. 眞子さま28歳に 代替わりで公務増加

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです