メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

全国高校ラグビー

桐蔭学園、悲願の単独Vへ小西主将「みんなで頑張れる」(スポニチ)

 全国高校ラグビー大会(27日開幕、花園)にAシードとして出場する神奈川・桐蔭学園高が同校グラウンドで練習を公開し、SH小西泰聖主将(3年)は「今年は誰が凄いとかではなく、みんなで頑張れるチーム。面白いラグビーを見せられると思う」と意気込みを語った。

     昨年度は4強。最高成績は日本代表FB松島幸太朗(現サントリー)らを擁した10年度の両校優勝(決勝で東福岡と31-31)。悲願の単独優勝へ小西は「先輩たちの思いも背負って頑張りたい」と話した。(スポニチ)

    おすすめ記事

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. いじめを半年以上放置 広島・呉の中3下着脱がされ精神疾患
    2. 「亡き友よ 次は甲子園の優勝メダル届けるよ」筑陽学園・西舘投手
    3. 準強姦無罪判決のなぜ その経緯と理由は?
    4. 高2自殺の背景に教員らの「いじめ」があった 遺族は強い憤り
    5. 初出場の筑陽学園がセンバツ初勝利 福知山成美との競り合い制す

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです