メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

フィギュアスケート

紀平、初出場Vへ トリプルアクセル好調「思った通り」(スポニチ)

フィギュアスケートGPファイナル(カナダ・バンクーバー)

 初出場Vへ視界良好だ。公式練習に臨んだ紀平は得意の大技トリプルアクセルを11回跳び、8回の着氷。SP曲を流しながら跳んだ冒頭のトリプルアクセルを降り、曲かけ後は3回転トーループを後ろに加えた連続ジャンプも複数回跳んだ。ザギトワ(ロシア)や宮原ら出場6人がそろった中での練習にも「焦ることもなく強気になることもなく、思った通りの練習ができた」と振り返った。

     新星に向けた期待のまなざしは強くなる一方だが、本人はどこ吹く風。「(試合で)練習通りできればといつも思って練習している」と自然体だ。SPは午後9時開始だが、現地入り後は必ず昼寝をして17時間の時差にも順応。16歳がいよいよ勝負のリンクに立つ。(スポニチ)

    おすすめ記事

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. いじめを半年以上放置 広島・呉の中3下着脱がされ精神疾患
    2. 「亡き友よ 次は甲子園の優勝メダル届けるよ」筑陽学園・西舘投手
    3. 準強姦無罪判決のなぜ その経緯と理由は?
    4. 高2自殺の背景に教員らの「いじめ」があった 遺族は強い憤り
    5. 初出場の筑陽学園がセンバツ初勝利 福知山成美との競り合い制す

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです