メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ドイツ

与党、リベラル継続 党首にクランプカレンバウアー氏

キリスト教民主同盟の新党首に選ばれ、メルケル独首相(右)に祝福されるクランプカレンバウアー氏=独北部ハンブルクで7日、AP

 【ハンブルク共同】ドイツ保守与党・キリスト教民主同盟(CDU)は7日、北部ハンブルクで行われた党首選で、メルケル首相(64)の後継者とされ「ミニメルケル」と呼ばれる女性のクランプカレンバウアー党幹事長(56)を選出した。18年間在任したメルケル党首のリベラル路線継続を選択。クランプカレンバウアー氏は次期首相の有力候補となり、ドイツでは2代続けて女性首相が誕生する可能性が高まった。

 メルケル氏は2005年に首相に就任し、欧州の盟主として力を誇ってきた。首相任期は21年までで、クラ…

この記事は有料記事です。

残り549文字(全文791文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「2球で3アウト」無死走者なしで珍事 高校野球で 関係者は「初耳」
  2. 三原じゅん子議員「愚か者の所業」って…「謙虚さ忘れた圧政者」と批判
  3. わいせつ動画投稿疑い 長崎県職員の22歳女を逮捕 京都府警
  4. ウソだった…宮迫博之ら11人を謹慎処分「2万〜3万円のギャラの芸人も 最初から全てを話すべきだった」(スポニチ)
  5. デートDV 経験10代女性の44% NPO広域調査

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです