メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

  • 政治プレミア
  • 経済プレミア
  • 医療プレミア
  • トクトクプレミア
週刊テレビ評

今年のドラマ界 女性活躍とおっさん特需=碓井広義

 今年のドラマ界を振り返ってみたい。まず1月期、親子や家族の本質を問いかけた、坂元裕二脚本の「anone」(日本テレビ系)が目を引いた。だが、「アンナチュラル」(TBS系)の衝撃には及ばない。もの言わぬ遺体を起点に事件の真相へとたどり着くプロセスだけでなく、非日常的に思える「不自然な死」の中に人間の日常に潜む怒りや悲しみを描き出す、野木亜紀子のオリジナル脚本が秀逸だったのだ。

 次に4月期というだけでなく、今年最大の話題作となったのが徳尾浩司脚本「おっさんずラブ」(テレビ朝日…

この記事は有料記事です。

残り802文字(全文1041文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. やじ相手に3歳長男を投げつけ容疑 阪神ファン書類送検

  2. セブン-イレブン、オーナーが「9月から日曜定休」通告 本部と協議も物別れ

  3. ブラジル アマゾン火災 仏「議題に」

  4. 香港のブルース・リー宅取り壊し ファン、保存訴えるもかなわず

  5. 韓国の見切りに日本「まさか」「困るのは…」 GSOMIA破棄

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです