メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

レコード大賞60年

/下 平成編 視聴率低下、賞辞退も 「本当に浸透した曲でなければ」

 今年で60回目を迎える日本レコード大賞。後編は平成の歩みをたどり、今後のレコ大を展望する。(視聴率はいずれも関東地区、ビデオリサーチ調べ)【井上知大】

 1989年、元号は平成に変わった。年末のNHK紅白歌合戦は第40回記念として放送開始時間を午後7時台に繰り上げ、2部構成の4時間超に拡大。紅白が裏番組となったことでTBS系のレコ大の視聴率は20%を割った。80年代以降、娯楽は多様化し、紅白もレコ大も視聴率の低下は顕著だった。89年にはNHKの島桂次会長(当時)が「紅白廃止論」を唱えたほどだ。

 番組としての勢いは衰え始めたものの、音楽産業に活気がなかったわけではない。90年代に入ると、CDのミリオンヒットが続出。特に音楽プロデューサーの小室哲哉が時代を席巻した。第38回(96年)は、小室がプロデュースした安室奈美恵(当時19歳)が歌った「Don’t wanna cry」が頂点に立った。その生放送の総合演出を担当し、現在はレコ大実行委員を務めるTBSの落合芳行・担当局次長は、デビュー時か…

この記事は有料記事です。

残り2762文字(全文3211文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 鼻出しマスクで失格の40代受験生、トイレにこもり警察出動 注意されせき込む仕草も

  2. 日産、全契約社員を正社員に 国内拠点の事務職800人弱 4月から

  3. 際立つ大阪のコロナ死 その理由、高齢者の「命のリスク」高める構図とは

  4. 変異株の感染確認、なぜ静岡で 英国滞在歴なし 厚労省クラスター班調査へ

  5. 「菅語」を考える 緊急事態なのに「あいさつ」 響かない首相会見 青木理さんが考えたメディアの責任

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです