メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

東日本大震災

福島第1原発事故 MP継続設置求め交渉 市民の会、規制委撤去方針受け /福島

 国の原子力規制委員会が、県内の学校や保育施設に設置しているモニタリングポスト(MP)のうち、避難指示が出た12市町村以外の約2400台を順次撤去する方針を決めた問題で、事務局の原子力規制庁と「モニタリングポストの継続配置を求める市民の会」(事務局・郡山市)の交渉が7日、東京・永田町の参院議員会館で開かれた。

 市民の会は「MPは日々の空間線量を目視できる唯一のものであり、私たちの『知る権利』を保障している。…

この記事は有料記事です。

残り188文字(全文393文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 男子2位は「プリンス」服部勇馬 コース何度も試走、徹底した準備 MGC

  2. 男子3位の大迫傑「完敗。悔しい。最低でも2番と考えていて、中途半端」 MGC

  3. 男子1位は中村匠吾 愚直な努力家、2度のスパートで「4強」破る MGC

  4. MGC STORY 鈴木亜由子「早熟」評価覆してくれた監督と集大成へ

  5. MGC STORY 前田穂南 芯の強さで台風の日も練習 補欠だった高校時代から才能大きく開花

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです