特集

第70期王将戦

第70期王将戦の特集ページです。3冠を誇る渡辺明王将に、タフな戦いを得意とする永瀬拓矢王座がどこまで迫るか。

特集一覧

将棋

第68期王将戦 2月に第3局 前夜祭5日、大盤解説会7日 参加者を募集 大田原・ホテル花月 /栃木

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷

 久保利明王将(43)に渡辺明棋王(34)が挑戦する「第68期王将戦七番勝負」(毎日新聞社、スポーツニッポン新聞社、日本将棋連盟主催)の第3局が来年2月6、7日に大田原市黒羽向町のホテル花月で開催される。7日に同市内で実行委員会(会長・津久井富雄市長)が開かれ、前夜祭や大盤解説会など事業内容を確認した。一般の参加受け付けは1月7日からとなる。【柴田光二】

 王将は将棋の8大タイトルの一つで、同市では14期連続の開催となる。3期連続・通算5期目の王将位獲得を目指す久保王将に、挑戦者決定プレーオフを勝ち抜いた渡辺棋王が5期ぶりの奪還を目指してぶつかる。実力者同士の対戦で、白熱した対局が予想される。

この記事は有料記事です。

残り371文字(全文670文字)

【第70期王将戦】

時系列で見る

次に読みたい

あわせて読みたい

注目の特集