メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

世界遺産センター

資材不足で開館延期 富岡市 /群馬

 世界遺産「富岡製糸場と絹産業遺産群」の情報発信拠点として、県が富岡市に新設予定の「世界遺産センター」の開館が、1年間遅れる見込みとなった。世界遺産登録5周年に合わせ2019年3月に開館予定だったが、20年東京五輪・パラリンピックの建設ラッシュによる資材不足などが原因。県議会の総務企画常任委員会で7日、県が明らかにした。

 世界遺産センターは、富岡製糸場に近い明治期の倉庫群「富岡倉庫」内に新設する予定。製糸場が稼働してい…

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 辺野古取材の池上彰さんを撮影 「マスコミ特定」反対派リスト作成の警備会社が指示
  2. 「児童が危険と…」 小学校前の通学路に白色スプレーで“停止線” 福岡の校長を書類送検
  3. 年金運用 損失14兆円 世界株安、過去最大に 昨年10~12月
  4. 在職老齢年金の廃止検討 政府・与党、高齢者の就労促す 高所得者優遇懸念も
  5. 台湾東岸・花蓮でM6.1地震 震源の深さ18キロ

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです