メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

千葉インフォメーション

千葉・詩人の生涯「舟山一男展」 /千葉

 24日まで、千葉市中央区春日2の6の7、春日マンション102、山口画廊。

 主にサーカスをテーマにした作品を描く埼玉県川口市在住の画家、舟山一男さんの個展。山口画廊で毎年開催しており、今回13回目。

 「サーカスを見る少女」(F10号)、「紫の薔薇と紫模様の花瓶」(F4号)、「ドーバー海峡春」(サムホール)など、人物や静物、風景を描いた新作16点が展示されている。油彩や水彩、鉛筆などによる混合技法の作品が多い。

 舟山さんは1952年、山形県生まれ。21歳の時渡仏。4年間パリに滞在し、エコール・ド・ボザール(パ…

この記事は有料記事です。

残り285文字(全文541文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 和歌山・御坊祭 暴力団トップ寄贈の旗掲げる「分かっていたが…」「注意するのも…」

  2. 「松本走り」「茨城ダッシュ」「伊予の早曲がり」…地域特有の危険運転に苦慮

  3. WEB CARTOP 高速道路で走っているパトカーを追い越してはいけないのか?

  4. 桃山時代最高峰の仏師・宗印の仏像、大阪で見つかる

  5. WEB CARTOP 日産GT-Rのイベントにボコボコの事故車2台が展示された理由とは?

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです