メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

  • 政治プレミア
  • 経済プレミア
  • 医療プレミア
  • トクトクプレミア
中村敦夫さん

渾身の一人芝居、原発事故…社会の不条理に挑む 16日、鎌倉で上演 /神奈川

 元参院議員で俳優の中村敦夫さんが東京電力福島第1原発事故を素材に人の世の不条理をひもとき、いかに生きるかを問いかける朗読劇「線量計が鳴る~元原発技師のモノローグ~」が16日、鎌倉市の生涯学習センターで上演される。環境派を自任しながら原発事故に際して何もできない自分を厳しく問い詰め、なすべきを探し求めた末にたどりついた渾身(こんしん)の一作だ。

 作品は、原発の町で生まれ育ち、原発で働き、原発事故ですべてを失った老いた原発配管技師のパーソナル・…

この記事は有料記事です。

残り322文字(全文545文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 水卜麻美アナウンサー 24時間テレビ「24時間駅伝」4人目のランナーに

  2. 杉田水脈議員の「住所さらし」ツイートは間違いだった 「扇動」責任の行方は

  3. 韓国の見切りに日本「まさか」「困るのは…」 GSOMIA破棄

  4. ペットフードからサルモネラ菌 犬14匹死ぬ、汚染原因は不明

  5. 揺らぐ高確度ミサイル追尾 細心配慮の協定水の泡 GSOMIA破棄

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです