メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

井上靖

長浜が舞台「星と祭」 復刊でまちおこし きょうから、有志ら資金集めイベント /滋賀

資金集めイベントのチラシを手にする「『星と祭』復刊プロジェクト実行委員会」のメンバー=滋賀県長浜市宮前町で2018年11月28日、若本和夫撮影

 作家、井上靖(1907~91年)の絶版状態となっている小説「星と祭」を復刊しようと、小説の主要な舞台となった長浜市の有志らが8日、資金集めのイベントをスタートする。来秋に地元の出版社から出版を目指す。今でも電子版や中古なら読むことはできるが、有志らは「復刊の取り組みが、地域を見つめ直し、まちおこしにもつながれば」と期待を寄せる。【若本和夫】

 「星と祭」は、琵琶湖で娘を亡くした男性が湖北地方などに残る十一面観音を巡り、心の平安を取り戻す物語…

この記事は有料記事です。

残り751文字(全文973文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS ジオラマで表現したいのは『機動戦士ガンダム第08MS小隊』の“泥臭さ”、「ザクが最も輝くのは裏方の役回り」

  2. さいたま小4殺害 一家を知る人ら「信じられない」「なぜ」 遺棄容疑、父逮捕に

  3. 政宗の隠し子宛て書状か 佐沼亘理家の初代当主へ 宮城

  4. ラグビーW杯、「旭日旗」騒動なしのなぜ?

  5. 遺棄容疑で逮捕の父「若くてすらっとした印象」 「親子3人仲が良さそうだった」との声も

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです