メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

改正入管法

成立へ 制度設計先送り 政省令、与野党対立の芽

主な重要法案の委員会審議時間

 政府・与党は入管法の改正を急ぎ、外国人労働者の受け入れ数の上限をはじめ制度の詳細は今後定める政省令に委ねた。しかし、政府の裁量が広がりすぎることに野党が反発し、参院審議では安倍晋三首相や山下貴司法相が答弁で制度の適正な運用を担保する場面も目立った。政省令は国会への報告を求められており、今回の法改正で政府が説明責任を免れたわけではない。【青木純、和田武士】

 立憲民主党会派の真山勇一氏は7日の参院本会議で「法務省は制度運用のほとんどを『これから決める』と開…

この記事は有料記事です。

残り1332文字(全文1561文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「結局は日本経済により大きな被害」 韓国大統領警告 輸出規制問題で
  2. なぜ首相は「立憲民主党」を「民主党」と何度も同じ箇所で間違えるのか
  3. 三菱自動車岡崎の主戦・仲井 独特の投げ方武器に初登板飾る
  4. 「自分のスケート探す」 フィギュア・宇野、今季はメインコーチ不在に
  5. 参院選 後半情勢・毎日新聞総合調査 改憲、3分の2厳しく 1人区で自民防戦

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです