メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

iPS細胞

ブタ体内でヒト膵臓、初の作製計画 出産前胎児調査 東大チーム申請へ

動物性集合胚で人の膵臓をつくるしくみ

 ブタの体内でヒトの膵臓(すいぞう)を作る研究計画を学内の倫理委員会に申請する方針を、東京大医科学研究所の中内啓光(ひろみつ)特任教授が毎日新聞の取材に明らかにした。動物の体内でヒトの臓器を作る研究が、国の指針で来春にも解禁されることを踏まえ、直後に申請するという。東大と国で計画が承認されれば国内初の実施例となる。

 中内氏によると、計画では膵臓ができないよう遺伝子改変したブタの胚(受精卵)に、さまざまな細胞に変化できるヒトの人工多能性幹細胞(iPS細胞)を注入し、「動物性集合胚」を作る。その胚を母ブタの子宮に入れ、妊娠させる。

この記事は有料記事です。

残り504文字(全文770文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「思い出の父はいつも酔っている」 アルコール依存症の家族描いた漫画に反響続々

  2. ORICON NEWS 『CanCam』付録に「のび太&しずかの婚姻届」 実際に提出できる様式

  3. 雪まつりスタッフも感染 北海道5例目、「市中感染」する段階に 新型肺炎

  4. 中江滋樹さん、アパート火災で死亡か 「兜町の風雲児」元投資ジャーナル会長

  5. ORICON NEWS 元テレ朝・竹内由恵アナ 静岡在住のまま復帰へ「家庭も大事にしながら」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです