メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

社説

貴ノ岩が暴力行為で引退 角界は体質改善を十分に

[PR]

 角界でまた暴力ざたが発覚した。大相撲の前頭・貴ノ岩が巡業先で付け人に起こした暴力だ。忘れ物をしたことに言い訳されて腹を立て、平手と拳で顔を数発殴ったという。

 驚くのは、昨秋の元横綱・日馬富士の傷害事件で被害者だった貴ノ岩が加害者に転じた点だ。

 事件で横綱は引退に追い込まれた。どれだけ暴力が愚かであるかを知っているはずの力士が、今度は殴る側に回った。相撲界の暴力体質の根深さを思い知らされる。

 暴行の責任を取り、貴ノ岩は引退届を提出し、日本相撲協会は受理した。厳しいけじめは当然だろう。

 日馬富士の傷害事件を受けて協会は10月下旬に暴力決別宣言と再発防止策をまとめた。「いかなる暴力も許さない」と宣言ではうたっている。しかし発表からわずか1カ月余で再発という事態を招いた。

 協会の芝田山広報部長は貴ノ岩の自覚の乏しさを指摘したが、暴力問題は力士の意識に任せるだけで根絶できるものではない。

 協会が出した宣言を親方たちは部屋で力士にどう植え付けようとしたのか。付け人制度が暴力の温床だという声もある。貴ノ岩が所属する千賀ノ浦部屋にとどまらず、全ての部屋から聞き取りを行うべきだろう。

 再発防止策の目玉は、暴力問題が起きた時の報告義務と報告を怠った者への処分を定めた点だ。

 今回、発覚のきっかけは貴ノ岩の付け人が巡業先に姿を見せなかったことで、報告ではなかった。部屋内部の、兄弟弟子の間の出来事だけに、報告義務化の難しさが余計に浮き彫りになった。

 協会の危機管理への意識に変化がないわけでない。

 暴力があったのは4日夜。5日朝に事態を知った協会は両者から事情を聴き、夕方には公表した。状況把握から公表まで10日以上を要した日馬富士の一件を考えれば前進だ。

 今年1月の初場所では、協会あいさつで八角理事長は角界の不祥事に一切触れなかった。これには違和感を持ったファンもいただろう。

 理事長は粘り強く暴力問題への意識改革に取り組む意志を示している。ならば、来年1月の初場所ではぜひ、その考えを大相撲ファンの前で表してもらいたい。

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「政権の終わりが見えた」支持率急落、自民主流派も首相を公然と批判

  2. 大阪モデル基準変更 吉村知事「誤解与えないため」、山中さん「信頼揺らぐ」

  3. 「アベノマスク着用」 中学校で配布プリントに記載、保護者に謝罪 埼玉・深谷

  4. 不手際連発の安倍政権に募る不満 「平時と変わらぬ対応」の不人気

  5. 全国移動は6月19日からOK 政府、経済活動再開の指針公表

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです