メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

  • 政治プレミア
  • 経済プレミア
  • 医療プレミア
  • トクトクプレミア
ファーウェイCFO捜査

米中、貿易戦争再び 「安保」主導権争い鮮明に

華為技術(ファーウェイ)の大きなロゴが入ったショッピングモール=上海市で6日、ロイター

 【ワシントン高本耕太】トランプ米政権は、中国通信機器大手、華為技術(ファーウェイ)の孟晩舟・最高財務責任者(CFO)に対する捜査により、通信機器から安全保障分野に広がる米中対立の核心に切り込んだ。中国の覇権拡大を警戒するトランプ政権内強硬派の意向が反映された形で、今月1日の米中首脳会談で設置が合意された通商協議の難航は必至。一時休戦で折り合った米中貿易戦争がさらに激化する可能性もある。

 「(孟氏拘束の計画は)事前に司法省から聞かされていた」。ボルトン米大統領補佐官(国家安全保障問題担…

この記事は有料記事です。

残り1579文字(全文1825文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 米国防総省「強い懸念と失望表明」 韓国のGSOMIA破棄で声明

  2. 「反日は一部」「少し感情的」日韓市民、一層の関係悪化を懸念 GSOMIA破棄に

  3. 韓国の見切りに日本「まさか」「困るのは…」 GSOMIA破棄

  4. 中谷元防衛相「最悪の決断」 韓国のGSOMIA破棄に

  5. クローズアップ 日韓軍事情報協定破棄 対話不発 韓国見切り

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです