メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

自動車税

最大4500円減 1320億円規模 消費増税対策

政府・与党は低排気量車にに手厚くする方針

 自動車の保有者が毎年支払う自動車税について、政府・与党は7日、消費税率が10%に引き上げられる2019年10月以降に購入・登録した新車について最大年4500円引き下げる方針を固めた。「恒久減税」による負担軽減で、消費増税後の販売減を防ぐ狙い。減税規模は1320億円に上る。ただ、エコカー減税など既存の減税縮小で財源を確保するため、消費喚起策としてどこまで機能するかは見通せない。【岡大介】

 19年度の与党税制改正大綱に盛り込む。減税は排気量の小さい車が中心だ。660cc超~1000cc以…

この記事は有料記事です。

残り392文字(全文637文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「吉本社長、田村さん会見したら全員クビと」 宮迫さん明かす
  2. 宮迫さん、田村さん会見詳報(3)「吉本、好きだった会社なのに変わってしまった」
  3. ORICON NEWS 松本人志、闇営業の処分内容に疑問 宮迫・亮と後輩「分けてもいいのかなって」
  4. 宮迫さん、田村さん会見詳報(1)「反社会勢力なんて知り合いにおるわけない」
  5. 首相、恒例の秋葉原演説 「消費税使い道はっきり」聴衆注文 ヤジ飛ぶ

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです