メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

日産

検査不正 経営責任、追及必至 社長説明なく

記者会見する日産自動車の本田聖二常務(右)と平田禎治常務=横浜市西区の同グローバル本社で2018年12月7日午後6時21分、根岸基弘撮影

 前会長のカルロス・ゴーン容疑者(64)逮捕で揺れる日産自動車は7日、新車の完成検査を巡る新たな不正事案を公表した。検査不正の発覚は4度目で、生産効率やコスト削減を優先し、品質管理を軽視する企業風土があらためて浮き彫りとなった。自ら説明責任を果たそうとしない西川(さいかわ)広人社長ら経営陣の責任も厳しく問われそうだ。

 「法令順守の徹底を重要な経営課題として捉え、コンプライアンス意識の醸成・徹底を図っていく決意だ」。…

この記事は有料記事です。

残り998文字(全文1208文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 原因は果物のライチ?脳炎で子ども130人以上死亡 インド東部
  2. 堺市長選で選挙違反 元市議らを書類送検 法定外文書を1万枚配布疑い
  3. 「闇営業」問題 吉本興業が宮迫博之さん、田村亮さんら11人を謹慎処分に
  4. 吉本はコンプライアンス順守で瀬戸際に 「闇営業」金銭授受で11人謹慎処分
  5. 深田恭子 「ルパンの娘」“泥棒スーツ”姿披露 瀬戸康史らと決めポーズ サカナクションが主題歌

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです