メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

経済観測

「安定や安全」を求める学生=ベトナム簿記普及推進協議会理事長・大武健一郎

 11月下旬に我々のNPO法人設立10周年と外務大臣賞受賞、そして日・ベトナム友好45周年の記念式典がハノイの大使公邸で開かれた。ベトナムに進出している日本企業の社長も来た。貿易大学やハノイ大学など日本語で簿記の授業を行っている大学の学長をはじめ幹部の方々や、税務総局の元長官やベトナム税理士会長、そして現役の大学生たちも多数参加してくれた。

 思い返してみると、十数年前にベトナムでボランティア活動を始めた頃に知り合った学生たちは、子供時代は豚と一緒に寝ていたとか、1980年代の混乱の時代に幼児期を過ごした人は日本への招待が初の海外旅行だったため、親や友人が空港に見送りにくるという場面もあった。しかし、今では日本に来た経験のある学生は多い。中には4回訪日したという学生もいる。

この記事は有料記事です。

残り373文字(全文713文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 落語家の桂文枝さん 67歳妻と99歳母が死去 今月下旬に相次ぎ

  2. 東名あおり運転デマ投稿、強制起訴の被告が死亡

  3. 皇族に人権はない? 「眞子さまと小室さん」ご婚約内定から見えてきたこととは

  4. 大阪で過去最多23人死亡 新型コロナ 新たな感染者は357人

  5. 際立つ大阪のコロナ死 その理由、高齢者の「命のリスク」高める構図とは

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです