メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

入管法改正案

外国人急増、日本産業支え 実習生、ベトナムが中国抜く

 人口減少や少子高齢化を背景に労働力不足が深刻さを増す中、外国人労働者の受け入れを拡大する入管法の改正。事実上の単純労働の分野に広げて外国人を正面から「労働者」として迎える在留資格の創設が柱だ。施行されると日本社会のかたちを大きく変える可能性もあるが、既に日本国内では多くの外国人が働いている。その数は近年急増しており、アジアや南米を中心に多様な現場で働き手として産業界を支えている。【和田武士】

 法務省の統計によると、2018年6月末現在、日本で暮らす外国人は263万7251人(速報値)。08…

この記事は有料記事です。

残り1612文字(全文1860文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS 声優の朴ロ美&山路和弘が結婚発表「共に支え合って人生という路を歩んでいきます」

  2. オジー・オズボーンさんパーキンソン病告白 メタルの帝王「困難な状況だ」

  3. 首相、違法な桜名簿管理は「民主党政権を前例として漫然と引き継いだ」

  4. 論点 橋下徹さん「罪悪感なく公文書廃棄する政府の恐ろしさ」 桜を見る会

  5. 「桜を見る会」廃棄されたはずの内閣府資料あった 2014~19年の招待者数も公表

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです