メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

くらしナビ・ライフスタイル

変わる食物アレルギー対応/中 食べる治療で安全模索

ゆう子さんが用意した朝ごはん。パンは豆乳入り、飲み物はソイ(豆乳)ラテで、卵・牛乳を使わないメニューだ。アレルギーの状況に応じて、小麦や牛乳抜きのおやつなどを作り、自身のブログで紹介してきた=ゆう子さん提供

 それは2010年、旅行先で夕食を取り、くつろいでいた時のことだった。東京都の会社員、ゆう子さん(48)の当時10歳の次女、凜(りん)さん=いずれも仮名=は、シャーベットを食べ終えた頃からいつもと違うせきを始めた。重いアレルギーのある卵や乳製品の入っていないシャーベットを注文したのに、調理場で盛り付け用スプーンの洗い方が悪く、長女の頼んだアイスクリームの乳成分などがついたらしい。血の気が引いた。

この記事は有料記事です。

残り2461文字(全文2660文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「存在しません」東京五輪ツイッター公式アカウント 規約抵触で 24日午後に復旧

  2. 「市にうそつきと思われショック」児童扶養手当、突然の打ち切り 元夫の意外な行動

  3. 岐阜県知事選 古田氏が5選 新人3氏を破る

  4. 「地域から協力金集めて慰安旅行」 幽霊消防団員巡り告発続々 地域社会にあつれき

  5. 菅首相、SNS活用を学ぶ 「曲解して伝わる仕組み」に強い関心

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです