メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

くらしナビ・ライフスタイル

変わる食物アレルギー対応/中 食べる治療で安全模索

ゆう子さんが用意した朝ごはん。パンは豆乳入り、飲み物はソイ(豆乳)ラテで、卵・牛乳を使わないメニューだ。アレルギーの状況に応じて、小麦や牛乳抜きのおやつなどを作り、自身のブログで紹介してきた=ゆう子さん提供

 それは2010年、旅行先で夕食を取り、くつろいでいた時のことだった。東京都の会社員、ゆう子さん(48)の当時10歳の次女、凜(りん)さん=いずれも仮名=は、シャーベットを食べ終えた頃からいつもと違うせきを始めた。重いアレルギーのある卵や乳製品の入っていないシャーベットを注文したのに、調理場で盛り付け用スプーンの洗い方が悪く、長女の頼んだアイスクリームの乳成分などがついたらしい。血の気が引いた。

この記事は有料記事です。

残り2461文字(全文2660文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「空前絶後」「一気呵成」…なぜ情緒的で大げさなのか 首相のコロナ語録

  2. 国民民主「10万円再給付を」「消費税5%に」追加経済対策案 

  3. 「五輪予算で都民の命救える」早期中止訴え 宇都宮氏が都知事選出馬会見

  4. アベノマスク8億円検品、穴だらけ 不良発覚後の契約、消えた瑕疵担保責任…

  5. 摂津市、事務ミスで1500万円過大還付 60代男性「使ってしまい、返還困難」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです