メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

気鋭に迫る

遅咲きの人気作家に 小説家 チョン・ユジョン(52)

=東京都千代田区で、渡部直樹撮影

 韓国国内で57万部のベストセラーになっているミステリー長編『七年の夜』(カン・バンファ訳、書肆侃侃房(しょしかんかんぼう))の著者。11月半ば、日韓の文学イベントや講演会参加のため来日した。新作を刊行すれば、映画化や各国での翻訳が決まっていく人気作家だ。初の邦訳『七年の夜』について、こちらから、底なしの水のなかに引っ張り込まれたような気分でした--と読後の感想を伝えると、「ようこそ、歓迎します」と言って笑った。

 美しく神秘的な湖畔の村を舞台に、運命に翻弄(ほんろう)される父子の物語が力強く展開する。殺人を犯し…

この記事は有料記事です。

残り812文字(全文1070文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「名古屋走り」不起訴から一転起訴

  2. 常勝ホークス作った王さん 「俺は本当に悔しい」深夜の激白から19年目の雪辱

  3. ドレスコード違反? 「違和感」招いた安倍昭恵氏の即位礼の衣装とは

  4. 「前代未聞」元看護助手「自白維持」の上申書書かされる 滋賀・病院患者死亡

  5. 「パパ活」「ママ活」待った! 埼玉県警、ツイッターで警告配信

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです