メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

気鋭に迫る

遅咲きの人気作家に 小説家 チョン・ユジョン(52)

=東京都千代田区で、渡部直樹撮影

 韓国国内で57万部のベストセラーになっているミステリー長編『七年の夜』(カン・バンファ訳、書肆侃侃房(しょしかんかんぼう))の著者。11月半ば、日韓の文学イベントや講演会参加のため来日した。新作を刊行すれば、映画化や各国での翻訳が決まっていく人気作家だ。初の邦訳『七年の夜』について、こちらから、底なしの水のなかに引っ張り込まれたような気分でした--と読後の感想を伝えると、「ようこそ、歓迎します」と言って笑った。

 美しく神秘的な湖畔の村を舞台に、運命に翻弄(ほんろう)される父子の物語が力強く展開する。殺人を犯し…

この記事は有料記事です。

残り812文字(全文1070文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 即位の礼 来日中のドゥテルテ大統領、饗宴の儀欠席 バイク事故で痛み、前倒し帰国へ

  2. 即位の礼 小ダイ姿焼き、フカヒレ茶わん蒸し、加薬飯、イセエビ吸い物…饗宴の儀、秋づくしの和食で

  3. 即位の礼 饗宴の儀、華やかに 皇后陛下ロングドレス 出席者も鮮やか民族衣装で

  4. 眞子さま28歳に 代替わりで公務増加

  5. 即位の礼 神々しさ演出 幕開き初めてお姿 即位礼 国民主権兼ね合い議論足りず

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです