メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

フィギュアスケート

GPファイナル 紀平、SP世界最高 「82.51」自身も驚き

男子SPで2位となった宇野昌磨=共同

 【バンクーバー共同】フィギュアスケートのグランプリ(GP)ファイナルは6日、バンクーバーで開幕し、女子ショートプログラム(SP)でGPデビューシーズンの16歳、紀平梨花(関大KFSC)が冒頭で大技のトリプルアクセル(3回転半ジャンプ)を決め、ルール改正後の世界最高となる82・51点でトップに立った。2連覇を目指すアリーナ・ザギトワ(ロシア)が77・93点で2位につけた。

 男子SPで宇野昌磨(トヨタ自動車)は91・67点で2位となった。

この記事は有料記事です。

残り1039文字(全文1259文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 目黒虐待死 懲役18年求刑された父、涙で「本当に本当にごめんなさい」

  2. セクシーの意味は「魅力的」と政府答弁書 直近5年で閣僚発言なし 小泉氏発言

  3. 「声をかける暇もなかった」遺体発見 なぜ…悔やむ生存者 福島・本宮

  4. 家も畑も「本当に無くなっちゃった」 「次はすぐ逃げる」 住民ぼうぜん 堤防決壊の千曲川

  5. 郵政副社長 NHKのかんぽ問題取材は「放送倫理違反」 参院予算委

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです