メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

大相撲

貴ノ岩「気持ち弱かった」 協会に引退届 暴行悔やむ

記者会見で引退を発表し、会場を後にする貴ノ岩=東京都台東区で2018年12月7日、竹内紀臣撮影

 付け人に暴力を振るったことの責任を取る形で、7日に現役を引退した大相撲の前頭・貴ノ岩(28)。同日夜、東京都台東区の千賀ノ浦部屋で引退記者会見を開き、「気持ちが弱かった。自覚が足りなかった」と、目を赤らめて暴行を悔やんだ。

 会見の冒頭、同席した千賀ノ浦親方(元小結・隆三杉)と共に約10秒間深々と頭を下げ、「多くの方に迷惑を掛けたことを心よりおわびする」と陳謝した。6日に引退を決断したといい、「自分のやったことに深く責任を感じている」と引退を決断した理由を述べた。

 前の師匠の元貴乃花親方(元横綱)には今回の暴行を報告したといい、「育ててくれた感謝の気持ちと迷惑を…

この記事は有料記事です。

残り679文字(全文964文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 10~30代の死因1位は自殺 G7で日本のみがトップ
  2. オアシスのとんぼ 対韓輸出規制は、なぜ愚策なのか
  3. 小堺一機さん、現金や300万円高級腕時計など窃盗被害 韓国籍の被告再逮捕
  4. 全契約調査開始 日本郵便 かんぽ生命不正で 「丸投げ姿勢」現場不満
  5. 韓国、対日批判強める 輸出規制「日本に大きな損害」 知日派の李首相活用も

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです