メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

共生のために

外国人就労を考える 移民政策、正面に掲げて 日本文学研究者 ロバート・キャンベルさん(61)

 来日して8年目の1993年、銀行で住宅購入の融資を受けようとすると「永住権の申請が受理されたという証明がほしい」と言われました。当時は在留期間が足りないため申請しても永住権は得られないと分かっていましたが、銀行側は国が申請を受理することが、信頼の証しになると考えたようです。

 当時は九州大学の専任講師で国家公務員です。それでも、永住権申請のために精神疾患がないことや、採尿や採血で禁止薬物を使っていないことを証明しなくてはなりませんでした。住まいを確保するのにそんなことを求められる…

この記事は有料記事です。

残り363文字(全文605文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「中国・武漢で亜硫酸ガスが大量発生 1万4000人の遺体を焼却」という情報は本当か

  2. ソフトバンク本拠地が「ペイペイドーム」に看板掛け替え

  3. どうやって予防するの?妊娠している人への影響は?…新型肺炎、その心構え

  4. 奥行き80cmの乾燥機ドラム内に入る…壊した容疑で男3人逮捕 滋賀・コインランドリー

  5. 「参加費返して」「やっと当たったのに…」 東京マラソン 一般参加者とりやめ、返金せず

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです