メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

前身「機構」も高額報酬 最大で年1億円近く

 高額報酬が問題になっている官民ファンド「産業革新投資機構(JIC)」の前身で現在はJIC子会社の産業革新機構が、代表取締役ら幹部に数億円規模の業績連動報酬を支払う規定を持つことが7日、明らかになった。

 業績連動報酬は1人当たり最大7億円と規定され、在職中に支払われる分を差し引いた残額を2024年度末の解散時に支給する。所管官庁の経済産業省が規定を公表していた。固定給などを含め、年平均にすると、最大1億円近くを受け取る計算になるという。

 前身機構にも高額報酬批判が上がる可能性があるが、経産省によると、JICの場合は固定給と業績連動報酬…

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 米子東の選手がベンチ入りせず
  2. 副町長が車庫入れで頭ぶつけ死亡 福井・若狭
  3. 札幌大谷が甲子園初勝利 米子東を1点に抑える
  4. 企業の「英国離れ」加速 EU離脱控え、リセッション陥る可能性
  5. ジャカルタ、初の都市高速鉄道が開業 一部が地下鉄 日本が全面支援

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです