メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

独与党党首選一騎打ち メルケル氏後継、党大会開幕

 【ベルリン中西啓介】メルケル独首相の後任党首を選ぶ国政最大与党・キリスト教民主同盟(CDU)の党大会が7日、独北部ハンブルクで開幕した。選挙戦は事実上、メルケル氏の実質的な後継候補であるクランプカレンバウアー党幹事長と、「反メルケル」と目されるメルツ元党連邦議会(下院)会派代表による一騎打ちとなり、両者が決選投票に進んだ。クランプカレンバウアー氏が敗れれば、メルケル氏の禅譲構想が破綻し、政権の先行きは不透明になる。

 党首選には有力候補の2氏に加え、保守派の若手で難民政策でメルケル氏を批判してきたシュパーン保健相も…

この記事は有料記事です。

残り428文字(全文688文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 大阪・吹田の拳銃強奪 飯森容疑者の父が関西テレビ常務を退任
  2. この世界の片隅に NHKで8月3日に地上波初放送 特番「#あちこちのすずさん」も
  3. 意識不明の巡査 手術で快方に向かう 拳銃強奪
  4. 井岡、日本選手初の4階級制覇 WBOスーパーフライ級王者に
  5. 韓国が和解案「条件付きで2国間協議」 日本は拒否 徴用工問題

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです