メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

災害支援の恩返し 献血400回 新潟の波多野さん

愛用する献血カードと、献血記念品のグラスを手に写真に納まる波多野さん=新潟県阿賀野市高田で、北村秀徳撮影

 約40年間、毎月のように献血を続け、累計でドラム缶1本分(約200リットル)の血をささげた猛者がいる。新潟県阿賀野市高田の農業、波多野美明さん(57)だ。今は15日に予定する人生400回目の献血に向け、体調を整えている。「なぜそこまで献血を」との問いに、波多野さんは「顔を見たこともない誰かの命を救えるから」と明快に答えた。【北村秀徳】

 波多野さんが最初に献血したのは高校生の時。生まれ育った阿賀野市高田は地震災害や水害の多い地域で、日…

この記事は有料記事です。

残り599文字(全文818文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. テレ朝報道番組「スーパーJチャンネル」でやらせ スーパーの客5人はディレクターの知人、関係者だった

  2. 「声をかける暇もなかった」遺体発見 なぜ…悔やむ生存者 福島・本宮

  3. 独り暮らしの母犠牲「悔やみきれない」駆けつけた息子、手縫いの品見つめ 福島・本宮

  4. 「こんなこと想像も」停電、断水のタワマン疲れ果て 武蔵小杉ルポ

  5. 山梨のキャンプ場で不明の美咲さん 両親が新たに写真と動画を公開

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです