メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

観光業界は特需期待、非正規労働者は収入減不安…10連休法案成立

祝日法の規定で、4月30日(29日が昭和の日)と5月2日(3日が憲法記念日)も休日になり、来年のゴールデンウイーク(GW)は10連休になる

 皇太子さまが天皇に即位される来年5月1日をこの年に限って祝日とする特別法が今国会で可決、成立した。祝日に挟まれた日を休日とする法律(祝日法)の規定があるため、4月30日(29日が昭和の日)と5月2日(3日が憲法記念日)も休日になり、来年のゴールデンウイーク(GW)は10連休になる。1年限りの大型連休にさまざまな声が上がっている。【水戸健一、神足俊輔、川上珠実】

 観光業界からは特需への期待が高まる。大手旅行代理店のJTBでは来年のGW中に出発する海外旅行の予約数が例年の約3倍で、欧州は約5倍に上る。広報担当者は「フライト時間が長い遠方への旅行予約が特に多い」。日本旅行は需要増を見込んで添乗員が同行する欧州ツアーを前年の1・5倍に増やして6月から販売。一部には既に満席も出ている。

 屋内テーマパークのサンリオピューロランド(東京都多摩市)を運営するサンリオエンターテイメントは入場者が前年比で5~8%増えると見込むが、広報は「海外などへ遠出する人も多いとみられ、実際にどうなるかは分からない」と話す。東京ディズニーリゾートを運営するオリエンタルランドの広報も「例年、連休中はレジャーの需要が増えるが、天候にも左右される」と慎重だ。

この記事は有料記事です。

残り568文字(全文1086文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ファッションマスク200種 500円~10万円まで 東京駅地下街に専門店

  2. グノシー虚偽広告問題 識者「広告主でさえ把握できず」「消費者軽んじすぎ」

  3. 高校生揮毫「私たちの星を守りたい」 平和とコロナ終息願い 岐阜総合学園書道部

  4. 台風12号が北上 本州接近へ 23~25日、大荒れ警戒

  5. 安倍氏が支援した育鵬社教科書の採択が激減した理由 菅首相は…

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです