「黙っていても受験生が集まる」医学部の問題性 3私大で不正入試

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷

 東京医科大(東京都)の不正入試発覚を機に他大学でも不正入試が指摘されている問題で、岩手医科大(岩手県)、金沢医科大(石川県)、福岡大(福岡県)の私立大3校が8日、不適切な合否判定を続けていたと明らかにした。専門家は医学部が他学部に比べ、受験生に対して優位な立場にあることが問題の背景にあるなどと指摘する。

 文部科学省は東京医大の不正入試問題を受け、8月から医学部医学科のある全大学に緊急調査を実施。当初、3校は「不適切な事例はない」と答えていた。「東京医大等入試差別問題当事者と支援者の会」の井戸まさえ共同代表は「不適切の認識があったが、『他大学もやっている』と申告を避けたのではないか」と批判する。

この記事は有料記事です。

残り759文字(全文1060文字)

あわせて読みたい

注目の特集